毛穴に効くクレンジングの選び方@30代女性の肌に良いものを

30代女性の鼻や頬に目立つ毛穴に効くクレンジングの選び方を話します。

わたしが25歳(現在は30代)あたりから、使えなくなったのが「オイルタイプ」と「拭き取りタイプ」のクレンジング料です。

 

それまでは濃いメイクが簡単に落ちるし、疲れて帰宅したあとに簡単にメイクオフできるので拭き取り式を多用してました。

 

なのに25歳になったら急に肌にあわなくなりました(汗)

肌に刺激を与えることが、毛穴を汚くしていることは全然知りませんでした。

なので、毛穴に効くクレンジングを紹介する前に「なぜダメなのか?」を説明させてください。

シートタイプのメイク落としは、肌の老化現象が始まっている30代の方にはおすすめできません。

拭き取るだけで短時間で簡単にメイクオフできるので、特に仕事で疲れているときに便利ですよね。

しかし、疲れているときほど肌にも良いものを使用しないといけません。

 

ストレスを抱えている、睡眠時間が十分にとれていない、残業が多くて体力的に限界がきている。

すぐにベットに直行したいときほど、同じように肌も疲れはてています。

なので拭き取り式のクレンジング料を毎日使用することは、おすすめできません。

 

シートタイプのメイク落としが、肌に与える刺激が強めの理由について話します。

まずクレンジング料の中でも油分が少ないのをカバーするため、界面活性剤が多いこと。

(基本的なクレンジング料は油分の力で浮かせて落とします。)

 

 

個人差はあると思いますが、拭き取るときにかかる肌の摩擦もマイナスです。

商品によりけりではありますが、一般的な基準で考えますと「拭き取り式」が一番刺激が強いです。

程度の差はあれ、肌が衰える方向に進み始めている30代女性にとって毎日使うのはさけるのが無難。

 

拭き取り式以外では、「オイルタイプ」のクレンジング料もおすすめできません。

メイクオフが短時間で簡単にできるので、幅広い世代の女性に支持されています。

化粧が落ちやすいのは、ミルクやクリーム、ジェルタイプよりも油分が多いのです。

それに比例して界面活性剤の量も多く含まれているので刺激も強めになります。

 

ジェルやクリーム、ミルクとの形状比較の視点から考えますと、どうしてもオイルタイプは指の摩擦が肌に伝わりやすく刺激が大きいのもマイナスポイント。

 

こいメイクを短時間に楽に落とせるので、使いたい女性も多いと思います。

代替え品がない場合はしょうがありませんが、メリットとデメリットを理解したうえで、ご使用されてください。

 

30代になるとセラミドの減少により水分保持能力が低下して肌が乾燥しやすくなります。

新陳代謝も落ちて肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の28日周期も遅くなる一方。

老廃物の蓄積量が多くなる時期で、毛穴には古い角質が居残り続けて皮脂やメイク汚れと混ざり合います。

 

仕事や育児でたまったストレスも肌に良くなくて、バリア機能がどんどん低下していきます。

その影響は大きく最近多いのは、ちょっとした強風や花粉だけで肌荒れを起こしたり、洗顔だけでピリピリする、化粧水がしみるなどの症状が(汗)

 

毛穴が開くとか詰まるなどの症状の対象法は、肌に刺激を与えないようにメイク汚れを落とし、余分な皮脂を落として、しっかり保湿することです。これを続ければ毛穴を汚くする予防になりす。

さらに、すでに毛穴に詰まっているものは刺激を与えないように落とす必要があります。

 

代謝の低下による古い角質も、意図的に落としてあげることで肌の生まれ変わりを促進する効果が期待できます。そのさいにもポイントは肌に刺激を与えないことです。

ピーリングがいいからと聞いて使っても、肌にあわなかったり使い方が間違っていたりと逆効果になる可能性も高いです。

 

ピーリング関連の商品は良いものが増えてきました。

毎日使えるものからスペシャルケア用まで多数です。

しかし逆にいえば、自分にあったものを選ぶのが難しいという問題点もあります。

 

古い角質を含む汚れをきれいに落とせて、肌に刺激を極力与えないクレンジングを毎日使うほうが楽ではないでしょうか?

わたしは、以前ピーリングやゴマージュでスペシャルケアしたり、酵素洗顔とクレンジングの併用をしていましたが面倒でした。

 

自分にあったものを見つけるまでに時間もかかりましたし、ケアの手順が増えるほど面倒でやらなくなる。

ケアしないから毛穴が汚くなるの悪循環にはまりました。

そこでシンプルだけど毛穴ケアに最適なクレンジングを探して使うようになりました。

 

毛穴に効くクレンジング選びの基準をまとめますと、

「肌に刺激を与えないもので、不必要な汚れを落としてくれるもの。

手順はシンプルなものがベスト!」ということになります。

 

今回は話しませんでしたが、「美肌成分が配合されているクレンジング」を選ぶ基準にするのもアリです。

ただし、美容成分に関しては保湿で本来カバーするべきところなので優先事項としては落ちるので割愛しました。

関連記事

NO IMAGE

毛穴に効く洗顔やクレンジングを知りたい女性へ 25歳以上限定

NO IMAGE

毛穴の黒ずみに悩む女性に教えたいクレンジングの選び方

NO IMAGE

クレンジングの種類と選び方@30代女性にすすめないもの

NO IMAGE

肌荒れしないクレンジングの選び方|毛穴が目立つ女性へ

接客業で顔汗がヒドい!皮脂が多い女性の洗顔法

NO IMAGE

30代女性の毛穴をきれいにするクレンジング@他と何が違う?