30代女性の毛穴をきれいにするクレンジング@他と何が違う?

30代になると肌質の変化が日々感じられるくらいに老化が表面化します。なので20代のころのスキンケアを一度見直す必要があります。

特に毛穴の目立ちが気になる女性にとって洗顔やクレンジングはとても大切です。そこで毛穴をきれいにするために、クレンジングの選び方をご紹介したいと思います。

ネットで毛穴をきれいにする方法を検索していると、角栓ケアが大切だと書いているサイトが多いです。

30代になると以前よりも代謝が落ちて、肌の生まれ変わりの周期が遅くなります。その結果、アカになって体外に排出されるはずの古い角質がいつまでも残り続けます。

たしかに意図的に古いものを取り除き、代謝を活発化させることは理にかなっています。しかし、女性が角質ケアをやりすぎると逆効果になることもあります。

肌の生まれ変わりの周期が正常値である28日よりも短くなるリスクがあるんですよ。となると、未熟な細胞ばかりが増えてしまい肌のバリア機能が低下することもあるのです。

角質ケアといえば、ピーリングが有名です。10年間なら怖くて使えないという女性ばかりでしたが、今は種類も豊富になり、週に1回ペースのスペシャルケア用以外に毎日使えるものまでいろいろ。

種類や用途が豊富になりすぎたゆえに、自分にぴったりのピーリングを見つけるのが大変になりました。もともと肌が弱い人はピーリング自体ができなかったのですが、最近は肌が敏感になりやすい女性が増えているために自分にあった角質ケアが見つからない悩みをお持ちの人もおられます。

そこでオススメなのが「角質ケア効果があるクレンジングを30代になったら使う」ということです。わたしの場合は肌質の変化を25歳になって強く感じるようになり、そのときから肌にやさしいスキンケアを探すようになりました。

仕事がおもしろくなってきた時期だったので、残業や睡眠不足など肌によくないことばかりの生活。
気がついたら肌がとても汚く、くすんでいました(汗)

化粧水を使っても、肌に浸透していく気がしなくて乾燥ぎみになりました。はじめは化粧品に問題があるかと考え、値段が高いものも含めて買い換えをしました。それでも症状に変化がなかったので、本やネットで調べていくうちにクレンジング、洗顔に問題があるのではと考えるようになりました。

たしかに毛穴に皮脂やメイク汚れ、角栓が詰まっていては美容成分の浸透もしませんよね。そこで汚れを取り除くケアを始めました。はじめはピーリングもやったのですが、期待したような効果もなく終わりました。

毎日やっていることを見直そうと思って、洗顔料やクレンジング料をかえることにしたんです。肌をきれいにする効果を感じることができたものが、角質に対して働きかけるものでした。ピーリングでなくても、クレンジングで角質ケアができるものは販売されているんです。

もしあなたが30代の女性で、毛穴をきれいにするクレンジング選びに困ったら「角質ケアできるもの」を試してみるのもアリです。

わたしが選ぶ基準は、このほかにもあって「ダブル洗顔不要」とか「石油系海面活性剤を使っていない」とか「美容成分が配合されている」など数項目あります。どれも優先順位が違うんですが、「角質ケア」に関しては絶対外せません。

なぜなら年齢を重ねるうちに代謝はどんどん低下していくからです。もし自分が20代前半なら代謝も活発ですから、角質ケアできるクレンジングをわざわざ買うことはしません。意図的に肌の生まれ変わりを促進するケアは30代になると絶対取り入れたほうが良いことを経験的に知っているからです。

まとめ的なもの
30代女性で毛穴をきれいにしたいなら・・・角質ケアできるクレンジングを試してみるのはいかがでしょうか?

 

 

関連記事

肌がきれいになるクレンジング探し@毛穴が気になる女の告白

NO IMAGE

クレンジングの種類と選び方@30代女性にすすめないもの

NO IMAGE

毛穴に効く洗顔やクレンジングを知りたい女性へ 25歳以上限定

顔の皮脂が多い女性は抑えるよりも肌に残さないを優先すべき

NO IMAGE

毛穴に効くクレンジングの選び方@30代女性の肌に良いものを

接客業で顔汗がヒドい!皮脂が多い女性の洗顔法