クレンジングの種類と選び方@30代女性にすすめないもの

このページでは、肌の老化現象が表面化しだしている30代女性が使ってはいけないクレンジングをテーマに話します。ここでお伝えしている情報は一般的に言われていることで、個々の商品をみるとそうではないものもあることをご了承ください。

ざっくりとした指針としてご使用ただき、気になる商品がある場合は個々に情報をチェックするようにしてください。

一般的なクレンジング料のタイプを見てみましょう。

★クリームタイプ
★乳液タイプ
★ゲルタイプ
★オイルタイプ
★ローションタイプ

形状によってメイクの落ちやすさや肌への刺激も異なります。女性の肌も常に一定ではありませんので、そのときの状況に合わせて使い分けるのが理想ではあります。

クレンジングの種類で注意すべきは「クレンジングオイル」です。メイク落ちが良い分だけ、肌に与える刺激も大きい商品が多いのが特徴。

濃いメイク、マスカラがするっと落ちるのは、女性にとってありがたい存在ではありますが依存は禁物。気づいたら肌がボロボロになっているという可能性もゼロではありませんので要注意!特に仕事や家事でストレスをかかえ、体の調子が悪いと肌に出やすい女性は気をつけてください。

 

忙しいからこそ、メイク落としに時間をかけたくないわけでクレンジングオイルに依存しがち。こう言っている私自身が、働き盛りの25歳のときに一気に肌荒れをおこしました。吹き出物や毛穴の開き、くすみなどメイクで隠しきれいないぐらいに大変な状態になりました。

 

ローションタイプも含めて注意しておきたいのは、さらさらの液状なので肌に摩擦を起こしやすいことです。オイルタイプなら指で、ローションタイプならコットンで肌をこすってしまいがちです。肌に刺激を与えるものといえば「紫外線」と答える人が多いのですが、実はそれに負けないぐらいに「毎日の洗顔」も場合にはよっては良くないものなんです。

 

シートタイプのクレンジング料もありますが、オイルやリキッドと同じかそれ以上に肌に刺激になる可能性が高いです。帰宅してすぐにメイクオフができるので、わたしも使っていたことがあります。
シート状なので摩擦が起きやすいこと、そして石油系界面活性剤を大量に含んでいるので肌に良くないです。疲れてクレンジングする気力も体力もないとき以外に、使用するのはさけたいところです。

 

日々のクレンジングで気をつけたいのは目の周りですね。アイメイクをしっかりする女性は特に注意してほしいです。通常のメイク落としでは全然落ちないものがあります。具体的にいえば「ウォータープルーフのマスカラ」。これは厳しいです。

にもかかわらず、強くこすって落とそうとしている女性が多いです。濃いアイメイクに対しては綿棒にクリームをつけてピンポイントで落とすのが理想です。

目の皮膚って、シワができやすいですよね。その理由は皮膚が薄いからなんです。つまりデリケートな部位だということ。なのでクレンジングで刺激を与える行為はマズイという結論になります。

 

どんなクレンジングを使うにしても、肌のうえでこすらないことです。これが基本!

なのでマッサージとかもダメです。毛穴ケアとしてオイルクレンジングでマッサージされている人がいたら、即中止してください。肌に残しておくべきうるおい(具体的にいうと皮脂)までもきれいさっぱり洗い流して、洗顔後はつっぱりまくり乾燥肌に傾いていきますから。

 

関連記事

NO IMAGE

毛穴に効くクレンジングの選び方@30代女性の肌に良いものを

接客業で顔汗がヒドい!皮脂が多い女性の洗顔法

NO IMAGE

30代女性の毛穴をきれいにするクレンジング@他と何が違う?

顔の皮脂が多い女性は抑えるよりも肌に残さないを優先すべき

肌がきれいになるクレンジング探し@毛穴が気になる女の告白

NO IMAGE

毛穴の黒ずみに悩む女性に教えたいクレンジングの選び方