通勤時の脇汗がひどい@汗ジミで手すりがムリな女性へ

stockfoto_63882320_S

通勤中の汗がツライ季節になられた方も多いのではないでしょうか?
いまは、自分にあった対処法が見つかったので問題ないのですが、
昨年までは朝の混雑した電車で、顔汗と脇汗、胸汗に悩んでました。

 

いつも顔汗の話ばかり記事にしてるので、今回は脇汗ネタを書きます。
混雑している電車だと、どこかにつかまる場所もないことも多いですが、
かろうじて手すりがあるとしても、汗ジミに注意してました。

 

脇汗の多い女性なら、おわかり頂けると思います。
汗ジミができていないか心配で腕をあげることができないんです。
必ず出来ているんですけどね。

 

対策としてパットをかませたり、制汗スプレーで抑えたりするんですけど、
熱気のひどい電車内だと全然効果がなくて、汗をダラダラかいてました。

 

電車でもハジの位置をとれると、比較的腕をあげなくても手すりをつかめます。
でも真ん中あたりにポジショニングすると地獄。腕をかなりあげないと手すりに
届かないんです。つまり脇が他人に見られる可能性が大なわけです。

 

このブログには良く書いているんですけど、わたしの勤める会社は
夏でも、わりとシッカリした服でないとダメなんです。通勤時も含む。
なので薄着したくてもダメで、よけいに汗をかく環境にありました。

 

会社についたら、インナーを着替えないと汗で気持ち悪くて仕事ができない。
もちろん顔汗もひどいので、メイク直しは必須。こんな状態が通勤から会社まで。

 

営業なんで、そこでも汗との戦いはあったんですが、
長くなるんでやめときます。

 

女としてはかなりやばい状態だったことが伝わればokです。
いまは、汗対策にいいものを見つけたので解消しています。
昨年までとは全然違うので、同じ通勤でもストレスフリーです。



脇汗、顔汗、胸汗がひどくない通勤・・・これに幸せを感じてしまう自分も
どうよ?と思うこともありますがハッピーであることに間違いありません。

関連記事

関連記事がありません。